日産建設(株)京神倉庫(株)

2002年04月09日

(株)ニコニコ堂


市場大2、福岡
コード7424
発行株数12,051,600
単位株数1000
倒産時株価56
廃止時株価
倒産日'02.04.09
廃止日 
負債97,500百万円
資本金
2,662,500千円
所在地
熊本県
態様
民事再生法

メモ/記事引用
熊本県の中堅スーパーで大証2部、福証上場の(株)ニコニコ堂(資本金26億6250万円、熊本県熊本市武蔵ケ丘1-2-51、川村英文社長、従業員727人)は、4月9日、熊本地裁へ民事再生手続き開始を申請した。申請代理人は小田修司弁護士(東京都港区赤坂4-7-15、電話03-5562-2511)ほか6名。同社は、1950年(昭和25年)にセーター卸商として創業、60年(昭和35年)11月に衣料品小売会社として法人改組した。64年には熊本市下通り地区に別会社で衣料品スーパー「伊勢丹」を開店(その後吸収合併)してスーパーストアに業態を転換、72年には伊勢丹店を改築してパチンコ店とスーパー「ニコニコドー」の複合店とした。75年以降、熊本市を中心に同県下で出店を加速し、85年に系列でスーパー経営の(株)ビッグウエイ、大洋工業(株)を吸収合併、86年にはパチンコ部門を別会社に分離するなどグループ再編を進めていた。94年12月には福岡証券取引所に、97年2月には大阪証券取引所2部に上場する一方、国内外で多角化を推進。中国に現地法人13社を設立してホテルや小売・衣料品縫製事業を積極的に展開するとともに、国内でも飲食業やポケットベル事業、産業廃棄物処理、衣料品・食品輸入などの関連会社を次々と設立、ピーク時には24社の関連会社を持つまでに拡大を図っていた。この間94年以降は、佐賀県鳥栖市、福岡県太宰府市など熊本県外にも出店し、97年3月期には過去最高の年売上高約1022億9000万円を計上していた。しかし、その後は個人消費の不振から売り上げが落ち込み、2000年同期には年売上高も約846億6200万円にまで減少、中国での事業失敗から99年同期には子会社整理損などで約78億3100万円、2000年同期にも約28億5500万円の特別損失を計上していた。このため、2000年に入って経営合理化に着手、2月には林瑞栄社長が退任し、金柿謙治・九州ジャスコ前会長が社長に就任する人事を発表。メーンバンクの福岡シティ銀行から今田賢勇専務を代表取締役会長に迎え入れていたが、5月には金柿氏が体調不良を理由に社長就任人事を撤回、代わりに元ユニード社長でパワーセンター経営のトリアス久山(福岡県久山町)社長の平山敞氏が社長に就任することになった。こうしたなか、平山氏が2000年12月に大手スーパーのダイエーの副社長に就任することになり、現代表の友納宏氏が社長に就任した(なお、2002年4月には友納氏から川村氏へ代表が変更している)。24社の関連会社のうち、18社を今後3年間で売却する計画を打ち出す一方、2001年1月にはダイエーと業務提携。さらに、福岡シティ銀行などの取引金融機関に対しては金利減免と優先株引き受けなどを要請し、約60億円の債務超過解消を目指していた。引き続き海外投資の売却交渉を続ける一方、金融機関に対しては約350億円の債権放棄を要請するなど、「私的整理に関するガイドライン」に沿った再建を模索したが、交渉は難航していた。なお、関係会社の九州都市開発(株)(資本金7億7100万円、同所、同社長)と(株)ニコニコドーロジテック(資本金1000万円、同所、富田謙一社長)の2社も、同日民事再生手続き開始を申請した。負債は、(株)ニコニコ堂が約975億円、九州都市開発(株)が約259億円、(株)ニコニコドーロジテックが約52億円で、3社合計では約1286億円。今年に入っての上場企業の倒産は、日産建設(株)(負債1146億5700万円、東京都、3月更生法、東証1部上場)に次いで13社目。


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
日産建設(株)京神倉庫(株)